契約書の相談(h2見出し)

h3見出し

h4見出し

h5見出し
h5見出し
h6見出し
h6見出し
h6見出し
ここにイメージが入ります。

確かな契約書を作成することが重要です。

民法上、契約書作成行為は契約成立の要件とはなっていません。(保証契約等を除く)しかし、多岐にわたる契約条項のすべてを口頭で合意することは、容易ではありません。
契約書がなければ、後日、当事者の見解が食い違った時、どちらの見解が正しいのか証明することもできません。

ここにイメージが入ります。

民法上、契約書作成行為は契約成立の要件とはなっていません。(保証契約等を除く)しかし、多岐にわたる契約条項のすべてを口頭で合意することは、容易ではありません。
契約書がなければ、後日、当事者の見解が食い違った時、どちらの見解が正しいのか証明することもできません。将来の紛争を予防するため、契約内容を明確にして、確かな契約書を作成することが重要です。

確かな契約書を作成することが重要です。

民法上、契約書作成行為は契約成立の要件とはなっていません。(保証契約等を除く)しかし、多岐にわたる契約条項のすべてを口頭で合意することは、容易ではありません。
契約書がなければ、後日、当事者の見解が食い違った時、どちらの見解が正しいのか証明することもできません。

ここにイメージが入ります。

民法上、契約書作成行為は契約成立の要件とはなっていません。(保証契約等を除く)しかし、多岐にわたる契約条項のすべてを口頭で合意することは、容易ではありません。
契約書がなければ、後日、当事者の見解が食い違った時、どちらの見解が正しいのか証明することもできません。将来の紛争を予防するため、契約内容を明確にして、確かな契約書を作成することが重要です。

ここにイメージが入ります。
ここにイメージが入ります。

確かな契約書を作成することが重要です。(見出しを削除すれば下の本文のみで使用可能です)

民法上、契約書作成行為は契約成立の要件とはなっていません。(保証契約等を除く)しかし、多岐にわたる契約条項のすべてを口頭で合意することは、容易ではありません。
契約書がなければ、後日、当事者の見解が食い違った時、どちらの見解が正しいのか証明することもできません。将来の紛争を予防するため、契約内容を明確にして、確かな契約書を作成することが重要です。

ここにイメージが入ります。

確かな契約書を作成することが重要です。(見出しを削除すれば下の本文のみで使用可能です)

民法上、契約書作成行為は契約成立の要件とはなっていません。(保証契約等を除く)しかし、多岐にわたる契約条項のすべてを口頭で合意することは、容易ではありません。
契約書がなければ、後日、当事者の見解が食い違った時、どちらの見解が正しいのか証明することもできません。将来の紛争を予防するため、契約内容を明確にして、確かな契約書を作成することが重要です。

ここにイメージが入ります。

確かな契約書を作成することが重要です。

民法上、契約書作成行為は契約成立の要件とはなっていません。(保証契約等を除く)しかし、多岐にわたる契約条項のすべてを口頭で合意することは、容易ではありません。

ここにイメージが入ります。

確かな契約書を作成することが重要です。

民法上、契約書作成行為は契約成立の要件とはなっていません。(保証契約等を除く)しかし、多岐にわたる契約条項のすべてを口頭で合意することは、容易ではありません。

ここにイメージが入ります。

実務の現場では、個々の取引の実情に合ったルールを契約書として作成しておくことが重要となります。

ここにイメージが入ります。

実務の現場では、個々の取引の実情に合ったルールを契約書として作成しておくことが重要となります。

ここにイメージが入ります。

実務の現場では、個々の取引の実情に合ったルールを契約書として作成しておくことが重要となります。

ここにイメージが入ります。

横4列にテキストが入ります。横4列にテキストが入ります。

ここにイメージが入ります。

横4列にテキストが入ります。横4列にテキストが入ります。

ここにイメージが入ります。

横4列にテキストが入ります。横4列にテキストが入ります。

ここにイメージが入ります。

横4列にテキストが入ります。横4列にテキストが入ります。

  • 口頭で最小限の契約内容確認だけの取引が成り立っていることがあります。
  • 口頭で最小限の契約内容確認だけの取引が成り立っていることがあります。
  • 民法や商法はあくまで一般的なルールに過ぎないため、実務の現場では、個々の取引の実情に合ったルールを契約書として作成しておくことが重要となります。
  • 民法や商法はあくまで一般的なルールに過ぎないため、実務の現場では、個々の取引の実情に合ったルールを契約書として作成しておくことが重要となります。
  • 左側リストタグ+テキストが入ります。
  • 左側リストタグ+テキストが入ります。
  • 左側リストタグ+テキストが入ります。
  • 左側リストタグ+テキストが入ります。
  • 左側リストタグ+テキストが入ります。
  • 左側リストタグ+テキストが入ります。
  • 左側リストタグ+テキストが入ります。
  • 左側リストタグ+テキストが入ります。
  • リストタグ+テキストです
  • リストタグ+テキストです
  • リストタグ+テキストです
  • リストタグ+テキストです
  • リストタグ+テキストです
  • リストタグ+テキストです
  • リストタグ+テキストです
  • リストタグ+テキストです
  • リストタグ+テキストです
  • リストタグ+テキストです
  • リストタグ+テキストです
  • リストタグ+テキストです
  • リストタグ+テキスト
  • リストタグ+テキスト
  • リストタグ+テキスト
  • リストタグ+テキスト
  • リストタグ+テキスト
  • リストタグ+テキスト
  • リストタグ+テキスト
  • リストタグ+テキスト
  • リストタグ+テキスト
  • リストタグ+テキスト
  • リストタグ+テキスト
  • リストタグ+テキスト
  • リストタグ+テキスト
  • リストタグ+テキスト
  • リストタグ+テキスト
  • リストタグ+テキスト
  1. 口頭で最小限の契約内容確認だけの取引が成り立っていることがあります。
  2. 民法や商法はあくまで一般的なルールに過ぎないため、実務の現場では、個々の取引の実情に合ったルールを契約書として作成しておくことが重要となります。
  3. 口頭で最小限の契約内容確認だけの取引が成り立っていることがあります。
  4. 民法や商法はあくまで一般的なルールに過ぎないため、実務の現場では、個々の取引の実情に合ったルールを契約書として作成しておくことが重要となります。
  1. 左側リストタグ+テキストが入ります。
  2. 左側リストタグ+テキストが入ります。
  3. 左側リストタグ+テキストが入ります。
  4. 左側リストタグ+テキストが入ります。
  5. 左側リストタグ+テキストが入ります。
  6. 左側リストタグ+テキストが入ります。
  7. 左側リストタグ+テキストが入ります。
  8. 左側リストタグ+テキストが入ります。
  1. 左側リストタグ+テキストが入ります。
  2. 左側リストタグ+テキストが入ります。
  3. 左側リストタグ+テキストが入ります。
  4. 左側リストタグ+テキストが入ります。
  5. 左側リストタグ+テキストが入ります。
  6. 左側リストタグ+テキストが入ります。
  7. 左側リストタグ+テキストが入ります。
  8. 左側リストタグ+テキストが入ります。
テキストが入ります。 テキストが入ります。
テキストが入ります。 テキストが入ります。
テキストが入ります。 テキストが入ります。
テキストが入ります。 テキストが入ります。
テキストが入ります。 テキストが入ります。
テキストが入ります。 テキストが入ります。
テキストが入ります。 テキストが入ります。
テキストが入ります。 テキストが入ります。 テキストが入ります。
テキストが入ります。 テキストが入ります。 テキストが入ります。
テキストが入ります。 テキストが入ります。 テキストが入ります。

メリット
1

確かな契約書を作成することが重要です。

通常の法律相談と異なり、電話やe-mailによる相談も可能です。また、面談でのご相談の場合も優先的にスケジュールを入れるため、迅速な対応を受けられます。

メリット
2

確かな契約書を作成することが重要です。

通常の法律相談と異なり、電話やe-mailによる相談も可能です。また、面談でのご相談の場合も優先的にスケジュールを入れるため、迅速な対応を受けられます。

メリット
1

キャッチ

顧問契約を締結させて頂いている会社と利益相反がない場合に限りますが、当事務所の取り扱い範囲である離婚・相続・債務整理に関連ないし隣接する案件については、初回相談料無料で対応させて頂いております。

Reason
2

キャッチ
2行

顧問契約を締結させて頂いている会社と利益相反がない場合に限りますが、当事務所の取り扱い範囲である離婚・相続・債務整理に関連ないし隣接する案件については、初回相談料無料で対応させて頂いております。

イメージ

医療機関

労務問題、モンスター患者等のご相談

イメージ

不動産賃貸会社関連

賃貸借契約書のチェック、新規入居者の入居契約条件検討、入居者とのトラブル、賃料催促など

企業法務チームと倒産法務チームのご紹介へ

ご相談予約はこちらまで/お電話でのお問い合わせはこちら/TEL.052-231-2601/相談時間/平日 9:00-18:00/土曜 9:30-17:00/夜間 火曜・水曜 17:30-21:00/ご相談の流れはこちら

ご相談の流れはこちら