会社法の相談

会社法上、取締役には、従業員とは異なる責任があります。
一般論として、取締役には、役員として、会社に対する忠実義務(会社法355条)があります。
また、同じく一般論として、会社と役員との間の関係は委任に関する規定に従うとされている(会社法330条)ことから、受任者の善管注意義務(民法644条、善良な管理者の注意をもって委任事務を処理する義務)があります
その結果、職務執行上の任務を怠ったり、責任を果たさない場合には、会社に対する責任が生じたり、また第三者に対する責任が生じる場合があります。

会社

詳細については、下記の「取締役の責任」の記事をご覧ください。

会社法の問題の中でも、株式は大きな部分を占めます。
株式には、上場株式(市場で取引できる株式)と、非上場株式(未公開株式とも言います。取引所での売買の対象にならない株式)があります。
上場株式と非上場株式で共通する問題だけでなく、非上場株式にしか生じない問題もあります。
会社の種類は複数ありますが、その中でも株式会社が多数を占めます。
そして、株式会社は、基本的には株式を多く持つ株主が運営する権限を持ちます。
そのため、会社の問題の中で、株式の問題は、大きな重要性を持ちます。

詳細については、下記の「株式の譲渡」の記事をご覧ください。

ご相談予約はこちらまで/お電

話でのお問い合わせはこちら/TEL.052-231-2601/相談時間/平日 9:00-18:00/土曜 9:30-17:00/夜間 火曜・水曜 17:30-21:00/ご相談の流れはこちら

ご相談の流れはこちら