商業登記・会社設立
これから会社設立・起業をお考えの方へ

今、「創業・起業をしたい!」と思われている方、

「創業・起業したいけれど…果たしてうまくいくだろうか?」

と思われている方、様々な方がいらっしゃると思います。

スーツ姿の男性イメージ
頭をかかえる男性イメージ

私どもは、地元である愛知・名古屋で創業・起業される方たちの力になりたいと思っています。

しかし、非常に厳しい現状をお伝えしますと、創業・起業される方の約7割が3年以内に廃業してしまうという現状があります。

まずはしっかりと事業計画を立て、毎月事業を厳しく見直して行かなければなりません。

事業計画の段階から、トータルで支援します

かつての経済の高度成長期を経験してきた旧来の会計事務所は、
「会社から出た利益をいかに節税するか」ということをメインにアドバイスを行う事務所が大多数でした。

これからは創業・起業の準備段階から

  • 事業計画立案
  • 計画書作成
  • 経営計画立案
  • 経営相談
  • 創業融資確保
  • 補助金獲得
  • 人事労務
  • 契約リスク保全

などの支援・アドバイスが求められる時代になってきています。

書類と印鑑イメージ

当事務所では、会社設立から税務、法務、登記まで、トータルに経営をサポートしております。

創業・起業の準備段階から会社の成長段階まで、お客様のニーズに合わせて、協力させていただきます。

会社の役員変更、本店移転など変更がある場合

会社は、登記をして初めて会社となります。

またその後、組織の変更があった場合にも、登記をしていなければ、取引の相手方に変更事項を主張することはできません。

会社がいくら「うちの会社は現在こんな事業をやっていて、これだけの資本金がありますよ」などと、口頭で言ったとしても、第三者には信用されない可能性があります。

ですから、会社の実態を第三者に確かに明示するためにも登記をすることが義務付けられています。

商業登記は、取引の安全と円滑、あわせて会社の信用の保持に役立っているのです。

女性士業(手元)イメージ

一人で抱え込まないで、ご相談ください!

1人で悩むのはとても辛いですし、1人で道を切り開くのはまた難しいです。

厳しい創業・起業の時期から、また違う意味で厳しい成長期まで。

事業計画、経営基本計画作成、人事労務問題、運転資金確保まで。

経営者の置かれている辛い厳しい状況を理解、共感し、ともに成長を目指していきます。

握手イメージ

創業・起業に同じ環境、条件はありません。すべての方がそれぞれの特色をもっております。

顧客第一主義を貫き、適切なアドバイス、対応ができるオーダーメイドのサービスでお応えすることを目標としておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

弁護士 杉浦恵一

皆様とお会い出来ることを心からお待ちしております。

-->