ホーム >  メールマガジンバックナンバー >  VOL.37 2015/07/21 【地番検索サービスがスタートしました】

VOL.37 2015/07/21 【地番検索サービスがスタートしました】


弁護士&税理士&司法書士が教える! 企業法務・税務に役立つ法律情報

弁護士法人 名古屋総合法律事務所

経営者、企業の法務担当者・人事労務担当者・管理部門担当者の皆さまがビジネスで必要な法律・税務知識を、無料のメールマガジンとして提供させていただきます。
法律のプロだからこそ話せる実際の事例や最新の法律にまつわる情報を「分かりやすさ」と「実践性」に主眼を置いて、月2回お届けします!



vol.37 本号の内容

2015年7月21日
                          
  • 地番検索サービスがスタートしました
  • 編集後記

■地番検索サービスがスタートしました

■平成27年7月1日から『地番検索サービス』が全国対応になりました!

司法書士業務に欠かせない「登記情報提供サービス」というものがあります。 これは、オンライン上で「登記情報」を閲覧するサービスです。

平成27年4月30日から、「登記情報提供サービス」において、『地番検索サービス』 がスタートしました。(※スタート当初のサービスエリアは東京23区内でしたが、平成 27年7月1日から全433市区町へサービスエリアが拡大されました。)

『地番検索サービス』により、インターネット上で住宅地図を用いて、住居表示からおおよその地番を検索できるようになります。

地番と住居表示の違い

不動産の登記情報は「地番」と「家屋番号」から検索します。

「地番」は、私たちの生活の中で馴染みのある「住所(住居表示)」とは別物です。そのため、依頼者の方にお伝えいただいた「住所(住居表示)」だけからでは、物件を検索できないことも多くあります。

・地番とは?

地番とは、土地の一筆ごとにつけられた番号のことです。法務局が定めます。

・住居表示とは?

住居表示とは、建物を町名・街区符号・住居番号で表記します。市町村が定めます。
従来は地番が使用されていましたが、市街化が進んだことで、地番での土地の特定が困難となり、昭和37年に「住居表示に関する法律」が制定され、住居表示が実施されるようになりました。

住居表示から地番・家屋番号を取得する方法

①ブルーマップ

ブルーマップには、住居表示と地番が表記されています。そのため、登記情報を取得したい土地の住居表示がわかっている場合、ブルーマップで地番を探すことが最も一般的とされています。

ブルーマップは、市販の冊子のほかに、管轄する法務局備えつけのもの、図書館等にも設置されています。

②法務局に問い合わせる

不動産を管轄する法務局に問い合わせることもできます。実際に法務局に出向いて確認するか、電話をして地番を教えてもらうことも可能です。

地番だけでなく、マンションの「家屋番号」を知りたい時にも有用です。

③今回、①と②以外の方法として、『地番検索サービス』が全国対応となりました。。


次のようなご心配事がある場合は、名古屋総合法律事務所が お役に立てますので、ぜひお電話ください。

  • 新しい事業を考えているが法的に気をつけるべき点を相談したい。
  • 資本金の増加をしたい。
  • 種類株式を発行したい。
  • 会社再編や事業承継を考えている。
  • 債権譲渡の登記申請をしたい。
  • 医療法人・宗教法人などの登記手続きをしたい。


登記に関するご相談受付はこちらです。お気軽にお問合せ下さい。

  ⇒ 052-231-2601 

  または、メールフォームからお願いいたします。


名古屋総合法律事務所では、中小・中堅企業の実情も十分考慮した上で、企業が抱える労務問題、取引先や顧客からのクレーム・トラブル、著作権侵害などのリスクから会社を守る方法を提案しています。

残業代やセクハラ、解雇やうつ病などの労務問題に頭を抱えていらっしゃる経営者様も多いと思います。

多くの問題は、法律の知識をもって対策をしておくことで未然に予防することができます。

顧問契約等の制度を利用していただければ、わざわざ来所していただかなくても電話やメールで気軽に相談していただくことができます。

ぜひ下記からお気軽にご連絡下さい。

▼法人様向けホームページはこちら
http://www.nagoyasogo-kigyo.com/

▼私たちが企業法務で選ばれる理由
http://www.nagoyasogo-kigyo.com/reason/

▼顧問契約をお考えの方はこちら
http://www.nagoyasogo-kigyo.com/counsel/

   

編集後記

みなさんこんにちは、ついに夏・到来でしょうか。本格的に暑くなって来ましたね。

今朝は朝の光がまぶしく通勤の道ではサングラスが欲しいくらいでした。

長雨で干せなかった寝具もいっぺんに干して、お日様にあてることができました。

「雨」という問題が解消されたというのに、またひとつ、「蒸し暑い」という問題が浮上してきましたね。問題というものは尽きることがないですね。

毎年土用のうなぎを食べ忘れますので、今年は意地でも食べようと思い、早々に行ってきました。

浅間町にあります「宮宇本店」さんです。店名はお宮の前のうなぎ屋さんだから「宮宇」だそうです。

織田信長が桶狭間の戦いの戦勝を祈願したという、榎白山神社のお向かいなんです。

いにしえの旅人たちが往来した美濃街道(美濃路)沿いにあり、気取らない名店といった趣です。 うなぎは炭火でふっくら香ばしく焼いてあって、とっても美味しかったです。
これで一年健康であるよとホクホクしました。

7月というのは、一年も半分が過ぎて、ほころびやたるみも溜まってきたところですね。
ですから、ここでメンテナンスや充電・栄養補給をして、体制を整えて、次の半年へとエンジンをかけ直す時期なのかもしれませんね。

当事務所もデスクチェアのクリーニングを行い、座面のカラーも鮮やかに蘇りました。
さっぱりしてとても良い気分です。

今月は何かとメンテナンスをして、蒸し暑くとも気持ちは軽やかに過ごしたいと思います。

メールマガジンバックナンバーへ戻る

ご相談予約はこちらまで/お電話でのお問い合わせはこちら/TEL.052-231-2601/相談時間/平日 9:00-18:00/土曜 9:30-17:00/夜間 火曜・水曜 17:30-21:00/ご相談の流れはこちら

ご相談の流れはこちら

業務案内

名古屋総合法律事務所の理念

解決事例

企業法務ブログ

経営品質・人材育成ブログ