ホーム >  メールマガジンバックナンバー >  VOL.54 2016/10/05 【NHKのワンセグ判決と契約の解釈の共通点】

VOL.54 2016/10/05 【NHKのワンセグ判決と契約の解釈の共通点】


弁護士&社労士&税理士&司法書士が教える! 企業法務・労務・税務・登記に役立つ法律情報

弁護士法人 名古屋総合法律事務所


経営者、企業の法務担当者・人事労務担当者・管理部門担当者の皆さまがビジネスで必要な法律・労務・税務・登記知識を、無料のメールマガジンとして提供させていただきます。
法律のプロだからこそ話せる実際の事例や最新の法律にまつわる情報を「分かりやすさ」と「実践性」に主眼を置いて、月1回お届けします!

vol.54 本号の内容

2016年10月5日

  • NHKのワンセグ判決と契約の解釈の共通点
  • 編集後記

NHKのワンセグ判決と契約の解釈の共通点

弁護士 杉浦 恵一

報道によると、平成28年8月、さいたま地裁にて、ワンセグ付の携帯電話であれば、携帯電話を所持していても、放送法上はNHKと受信契約を締結する義務はない、という判決が出されたようです。

NHKは、直ちに控訴する(上級の裁判所に不服申立をすること)とコメントしているようですので、この結論が上級裁判所でも維持されるかどうかは不明確です。

このさいたま地裁の判決では、ワンセグ付の携帯電話であれば受信契約をNHKと締結する必要がない理由として、放送法上、受信設備の「設置」と「携帯」の用語を区別していて、受信契約を締結する必要があるのは「設置」した場合のみのため、「携帯」する場合には受診契約を締結する必要がない、としているようです。

このように、文脈で使われている用語が違うということは、NHKのワンセグ判決だけにとどまるものではなく、企業が日常的に使っている契約書にも関係することです。

契約書の中には、用語の定義を最初に書いてある契約書も、最近は増えているのではないかと思われます。

また、契約書を作る際には、使っている用語の統一に注意することがよくあります。

これは、同じ用語を使っていれば同じ意味に使っている、同じ目的で使っている、ということに疑義が生じないようにすることが目的です。

逆に言えば、定義されている用語とは別の用語を使った場合、敢えて別の用語を使っているのだから、別の意味・目的で使っているのではないか、と見られてしまう可能性があることを示します。

NHKと契約を締結する根拠である放送法は、国会で法律を変えてしまえば、一方的に変わってしまいます。

今回の争いは、さいたま地裁の判決内容を前提にしても、「設置」だけでなく「携帯」の場合もNHKと受診契約を締結する義務があるという内容に放送法を改正してしまえば、結論は異なってくるでしょう。

しかし、企業間の契約の場合、片方が一方的に内容を変えることは原則としてできませんので、より一層の注意が必要だと言えます。


次のようなご心配事がある場合は、名古屋総合リーガルグループがお役に立てますので、ぜひお電話ください。

  • 労務問題が心配なので、雇用契約書と就業規則について相談したい。
  • 従業員を解雇しなければならないが、どのようにしたらよいのか。
  • 従業員から残業代を請求されて困っている。
  • お客様・営業先からクレームを受けて困っている。
  • 契約書を作ったのでチェックしてほしい。
  • 取引先から契約書をもらったが、不利なものでないか不安だ。
  • ネット上で悪い評判を書かれて困っている。
  • 売掛金を回収したい。
  • 新しい事業を考えているが法的に気をつけるべき点を相談したい。

当事務所のご相談受付はこちらです。お気軽にお問合せ下さい。

 ⇒ ご相談のご予約 052-231-2601

 または、メールフォームからお願いいたします。


名古屋総合法律事務所では、中小・中堅企業の実情も十分考慮した上で、企業が抱える労務問題、取引先や顧客からのクレーム・トラブル、著作権侵害などのリスクから会社を守る方法を提案しています。

残業代やセクハラ、解雇やうつ病などの労務問題に頭を抱えていらっしゃる経営者様も多いと思います。

多くの問題は、法律の知識をもって対策をしておくことで未然に予防することができます。

顧問契約等の制度を利用していただければ、わざわざ来所していただかなくても電話やメールで気軽に相談していただくことができます。

ぜひ下記からお気軽にご連絡下さい。

▼法人様向けホームページはこちら
http://www.nagoyasogo-kigyo.com/

▼私たちが企業法務で選ばれる理由
http://www.nagoyasogo-kigyo.com/reason/

▼顧問契約をお考えの方はこちら
http://www.nagoyasogo-kigyo.com/counsel/

▼労務問題のご相談はこちら
http://nagoya-roumu.com/

編集後記

こんにちは。今年は台風が多いですね。昨日乗ったタクシーの運転手さんも「もう台風はいいです」とおっしゃっていました。

九州は被害が大きいようで、気がかりです。
今年は北海道にも台風が通りましたね。北海道出身の友人は「北海道に台風が来るのはとても珍しいので最初はみんなワクワクした」と言っていました。
でもジャガイモが生産不足で、ポテトチップスの生産が止まるなど様々な弊害を被り、その考えは変わったようです。

子供のころは、不謹慎ではありますが、洪水など非日常な天候が起きることに対して、心なしかワクワクするような気分があったように思います。
スタジオジブリのアニメーション作品「パンダコパンダ」に、「雨ふりサーカス」という話があり、屋根の上でビスケットを食べたり、家具をボートのようにして漕ぎ出す様子が楽しく、妹と一緒に好んでよく見ていました。

大人になった現在では、「出かけるときは晴れてほしい」としか思わなくなりました。
でも朝に通勤電車の窓から、たくさんの出勤途中の人々が、色々な傘をさして歩道橋を渡っているのを見たら、
「平和だなー」と感じました。
これは子供にはない、大人ならではの感慨でしょうか?
台風の被害が拡大しないことを祈ります。

(鈴木)

メールマガジンバックナンバーへ戻る

ご相談予約はこちらまで/お電話でのお問い合わせはこちら/TEL.052-231-2601/相談時間/平日 9:00-18:00/土曜 9:30-17:00/夜間 火曜・水曜 17:30-21:00/ご相談の流れはこちら

ご相談の流れはこちら

業務案内

名古屋総合法律事務所の理念

解決事例

企業法務ブログ

経営品質・人材育成ブログ