ホーム >  メールマガジンバックナンバー >  VOL.59 2017/02/08 【どこに預金があるか丸裸に!? 民事執行法改正見直し案】

VOL.59 2017/02/08 【どこに預金があるか丸裸に!? 民事執行法改正見直し案】


弁護士&社労士&税理士&司法書士が教える! 企業法務・労務・税務・登記に役立つ法律情報

弁護士法人 名古屋総合法律事務所


経営者、企業の法務担当者・人事労務担当者・管理部門担当者の皆さまがビジネスで必要な法律・労務・税務・登記知識を、無料のメールマガジンとして提供させていただきます。
法律のプロだからこそ話せる実際の事例や最新の法律にまつわる情報を「分かりやすさ」と「実践性」に主眼を置いて、月1回お届けします!

vol.59 本号の内容

2017年2月8日

  • どこに預金があるか丸裸に!? 民事執行法改正見直し案
  • 編集後記

どこに預金があるか丸裸に!? 民事執行法改正見直し案

弁護士 杉浦恵一

少し前の記事ですが、昨年の9月13日の日経新聞で、裁判所が、債務者の預金口座情報を銀行などに照会できる制度の検討を始めており、2018年度以降の改正を目指すといった記事がありました。

ここでの債務者とは、裁判やそれに類する手続で敗訴し、何らかの支払義務がある人のことを指します。

このような法改正が検討されている背景ですが、実際に裁判で勝ったとしても、債務者の財産が見つからず、強制執行(差押など)がうまくいかない、という事情があります。

現在の法制度では、仮に裁判で勝ち、ある金額を支払ってもらえることを裁判所に確認してもらったとしても、債務者が支払わない場合、自分で債務者の財産を探さなければならないことになっています。
債務者の勤務先が分かれば給料の差押えが考えられますし、債務者の預金口座が分かれば預金を差し押さえることが考えられます。

しかし、支払わない人は、職を転々としたり、預金口座を頻繁に変えたりして、どこに財産があるか分からない状態になっていることが多くあります。
そのため、裁判で勝った場合をより意味のあるものにするためにも、このような法改正が検討されています。

このような法改正がなされれば、強制執行をする側にとっては便利になりますが、支払わない債務者は、次には親族や友人の口座・外国の銀行の口座を使う可能性があり、いたちごっこのようになる可能性もあります。 ただ、裁判に勝っても支払ってもらえないという状態を改善する大きな一歩になる可能性もありますので、実際にこのような制度が作られるのかどうか、注視する必要がありそうです。


次のようなご心配事がある場合は、名古屋総合リーガルグループがお役に立てますので、ぜひお電話ください。

  • 労務問題が心配なので、雇用契約書と就業規則について相談したい。
  • 従業員を解雇しなければならないが、どのようにしたらよいのか。
  • 従業員から残業代を請求されて困っている。
  • お客様・営業先からクレームを受けて困っている。
  • 契約書を作ったのでチェックしてほしい。
  • 取引先から契約書をもらったが、不利なものでないか不安だ。
  • ネット上で悪い評判を書かれて困っている。
  • 売掛金を回収したい。
  • 新しい事業を考えているが法的に気をつけるべき点を相談したい。

当事務所のご相談受付はこちらです。お気軽にお問合せ下さい。

 ⇒ ご相談のご予約 052-231-2601

 または、メールフォームからお願いいたします。


弁護士法人名古屋総合法律事務所および税理士法人名古屋総合パートナーズはともに経営革新等支援機関に認定されています。

名古屋総合リーガルグループでは、中小・中堅企業の実情も十分考慮した上で、企業が抱える労務問題、取引先や顧客からのクレーム・トラブル、著作権侵害などのリスクから会社を守る方法を提案しています。

残業代やセクハラ、解雇やうつ病などの労務問題に頭を抱えていらっしゃる経営者様も多いと思います。

多くの問題は、法律の知識をもって対策をしておくことで未然に予防することができます。

顧問契約等の制度を利用していただければ、わざわざ来所していただかなくても電話やメールで気軽に相談していただくことができます。

ぜひ下記からお気軽にご連絡下さい。

▼法人様向けホームページはこちら
http://www.nagoyasogo-kigyo.com/

▼私たちが企業法務で選ばれる理由
http://www.nagoyasogo-kigyo.com/reason/

▼顧問契約をお考えの方はこちら
http://www.nagoyasogo-kigyo.com/counsel/

編集後記

寒い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか? 少しずつ日が長くなっているようです。節分が過ぎて、春が近づく喜びがただよってきますね。
家の近くの神社では、節分の豆まきが行われるのですが、年男・年女が豆をまくそうです。

「年男・年女」というのは、それが縁起がいいことなのかどうなのか、いまひとつわかっていなかったのですが、吉・凶の両方の説があるようです。

春と冬の境目に、邪気を追い払って春を迎える準備をするのだそうです。

固まっていた雪が溶けて、大地がゆるんでいくように、色んなことが動き出すような気がします。

2月は日数も少なく、気温も暖かくなったり寒さが戻ったりしますね。年度末や確定申告などのくぎりでバタバタすることもありますよね。 皆様もどうぞお体に気をつけてお過ごしください。

(鈴木)

メールマガジンバックナンバーへ戻る

ご相談予約はこちらまで/お電話でのお問い合わせはこちら/TEL.052-231-2601/相談時間/平日 9:00-18:00/土曜 9:30-17:00/夜間 火曜・水曜 17:30-21:00/ご相談の流れはこちら

ご相談の流れはこちら

業務案内

名古屋総合法律事務所の理念

解決事例

企業法務ブログ

経営品質・人材育成ブログ