ホーム >  メールマガジンバックナンバー >  VOL.60 2017/03/06 【本年4月から500人以下の企業も「パートへの社保適用」が可能に!】

VOL.60 2017/03/06 【本年4月から500人以下の企業も「パートへの社保適用」が可能に!】


弁護士&社労士&税理士&司法書士が教える! 企業法務・労務・税務・登記に役立つ法律情報

弁護士法人 名古屋総合法律事務所


経営者、企業の法務担当者・人事労務担当者・管理部門担当者の皆さまがビジネスで必要な法律・労務・税務・登記知識を、無料のメールマガジンとして提供させていただきます。
法律のプロだからこそ話せる実際の事例や最新の法律にまつわる情報を「分かりやすさ」と「実践性」に主眼を置いて、月1回お届けします!

vol.60 本号の内容

2017年3月6日

  • 本年4月から500人以下の企業も「パートへの社保適用」が可能に!
  • 編集後記

本年4月から500人以下の企業も「パートへの社保適用」が可能に!

社労士 岡田恵子

「公的年金制度の持続可能性の向上を図るための国民年金法等の一部を改正する法律」の成立(平成28年12月26日公布)を受け、今年4月1日より、従業員500人以下の企業におけるパート(短時間労働者)にも社会保険(健康保険・厚生年金保険)の適用が可能となります。

すでに昨年10月から、従業員501人以上の企業ではパートへの社会保険適用拡大が実施されていますが、4月以降は500人以下の企業においても「労使の合意(使用者が社会保険の適用を望み、労働者がこれを承諾すること)に基づき企業単位で適用拡大」が可能となります。
具体的には、会社と①労働者の過半数で組織する労働組合の同意、もしくは②労働者の過半数を代表する者の同意、または③労働者の2分の1以上の同意が必要となります。

適用となるパートタイマーは、勤務時間・勤務日数がフルタイム勤務者の4分の3未満で、①週の労働時間が20時間以上であること、②雇用期間が1年以上見込まれること、③賃金の月額が8.8万円以上であること、④学生ではないこと、のすべてに該当すれば適用の対象となります。

企業にとっては、保険料負担によるコスト増が大きな問題になるかと思いますが、社会保険の加入は、従業員にとって、①将来の年金額が増える、②障害がある状態になった場合などにより多くの年金がもらえる、③ケガや病気、出産によって仕事を休まなければならない場合に賃金の3分の2程度の給付を受け取ることができる(健康保険の傷病手当金・出産手当金)、④ご自身で国民年金や国民健康保険の保険料を支払っている方は保険料が安くなることがある、などのメリットがあります。
また、企業にとっても、社会保険の適用により、人材確保や従業員のモチベーションのアップ、企業としての社会的評価や信頼性にもつながっていくと思われます。

パートの社会保険適用拡大については厚生労働省のホームページに詳しい情報が掲載されています。 http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/2810tekiyoukakudai/


次のようなご心配事がある場合は、名古屋総合リーガルグループがお役に立てますので、ぜひお電話ください。

  • 労務問題が心配なので、雇用契約書と就業規則について相談したい。
  • 従業員を解雇しなければならないが、どのようにしたらよいのか。
  • 従業員から残業代を請求されて困っている。
  • お客様・営業先からクレームを受けて困っている。
  • 契約書を作ったのでチェックしてほしい。
  • 取引先から契約書をもらったが、不利なものでないか不安だ。
  • ネット上で悪い評判を書かれて困っている。
  • 売掛金を回収したい。
  • 新しい事業を考えているが法的に気をつけるべき点を相談したい。

当事務所のご相談受付はこちらです。お気軽にお問合せ下さい。

 ⇒ ご相談のご予約 052-231-2601

 または、メールフォームからお願いいたします。


弁護士法人名古屋総合法律事務所および税理士法人名古屋総合パートナーズはともに経営革新等支援機関に認定されています。

名古屋総合リーガルグループでは、中小・中堅企業の実情も十分考慮した上で、企業が抱える労務問題、取引先や顧客からのクレーム・トラブル、著作権侵害などのリスクから会社を守る方法を提案しています。

残業代やセクハラ、解雇やうつ病などの労務問題に頭を抱えていらっしゃる経営者様も多いと思います。

多くの問題は、法律の知識をもって対策をしておくことで未然に予防することができます。

顧問契約等の制度を利用していただければ、わざわざ来所していただかなくても電話やメールで気軽に相談していただくことができます。

ぜひ下記からお気軽にご連絡下さい。

▼法人様向けホームページはこちら
http://www.nagoyasogo-kigyo.com/

▼私たちが企業法務で選ばれる理由
http://www.nagoyasogo-kigyo.com/reason/

▼顧問契約をお考えの方はこちら
http://www.nagoyasogo-kigyo.com/counsel/

編集後記

こんにちは、いよいよ春がやってきますね。気温が上がってきて、雨や風の量も増えたようです。
春は空気中の水分が増加して、万物が霞んで見えることが多いそうです。

冬の間は寒くて、外に出るのも億劫でしたが、軽やかな気持ちでお出かけできますね。

自分自身や仕事に関しても、新しい芽が出てくるといいなあと思います。

最近ではパソコンやスマホに向かっている時間が長くて、どうも空白の時間が持てなくなっているような気がしています。

ぼーっとしていると、いつの間にかスマホを眺めていたり。

本やマンガもデジタル版で購読してしまっています。

たまには図書館や本屋さんに行って、本に触れてみようかなと思います。

暖かくなりかけた頃に、また寒さが戻ってくることもございます。夜などはどうぞ暖かくしてお過ごしください。

(鈴木)

メールマガジンバックナンバーへ戻る

ご相談予約はこちらまで/お電話でのお問い合わせはこちら/TEL.052-231-2601/相談時間/平日 9:00-18:00/土曜 9:30-17:00/夜間 火曜・水曜 17:30-21:00/ご相談の流れはこちら

ご相談の流れはこちら

業務案内

名古屋総合法律事務所の理念

解決事例

企業法務ブログ

経営品質・人材育成ブログ