ホーム >  メールマガジンバックナンバー >  VOL.70 2018/02/05【中小企業数と事業承継】

VOL.70 2018/02/05【中小企業数と事業承継】


弁護士&社労士&税理士&司法書士が教える! 企業法務・労務・税務・登記に役立つ法律情報

弁護士法人 名古屋総合法律事務所


経営者、企業の法務担当者・人事労務担当者・管理部門担当者の皆さまがビジネスで必要な法律・労務・税務・登記知識を、無料のメールマガジンとして提供させていただきます。
法律のプロだからこそ話せる実際の事例や最新の法律にまつわる情報を「分かりやすさ」と「実践性」に主眼を置いて、月1回お届けします!

vol.70 本号の内容

2018年2月5日

  • 中小企業数と事業承継
  • 編集後記

中小企業数と事業承継

弁護士 杉浦恵一

財務省財務総合政策研究所「フィナンシャル・レビュー」の平成29年第3号の推計によれば、2015年時点で全国に約400万社ある企業数は、2040年には約300万社に減少すると予測されています。

それに伴い、企業で雇用される従業員数は、2015年時点で約5800万人から2040年には約4600万人に減少すると予測されています。

これは、経営者の年齢が高齢化するとともに、後継者がいない中小企業が増えており、会社の廃業や清算に伴って企業数が減少し、それに伴って雇用が維持できなくなると予測されることが理由のようです。

また、それに伴って日本のGDPも減少することが予想されています。

企業数は確かに、後継者がいなければ、廃業等により減少せざるを得ないかもしれません。しかし、企業が廃業したとしても、その企業が行っていた仕事が急になくなるとは思えませんし、そういった仕事は別の会社に引き継がれると考えられます。

それを踏まえても、需要・仕事はあるものの後継者がいないという企業が廃業してしまいますと、少なからぬ混乱が生じると考えられますし、需要・仕事があるのに後継の経営者がいないということで廃業してしまうのはもったいない思いがあります。

このような背景もあり、昨今、企業の事業承継が話題になっています。

事業承継は、①経営者の後継者(家族・親族)に引き継いでいく方法と、②事業譲渡・株式譲渡・合併等で別の会社に引き継いでいく方法、③経営能力・経営意欲のある個人(家族・親族以外)が経営を引き継ぐ方法、の3パターンが考えられます。

これまでは、後継者に会社株式を引き継ぐ際の税金を猶予したり、免除したりといった制度が設けられてきました。これは、上の①パターンのための援助です。

しかし、別の会社で働いていて生活が安定しているといった理由で敢えて家業の会社を引き継がない場合も増えているのではないかと思われます。そのような場合には、税金面での支援はさほど魅力的には映らないでしょう。

世の中がそのような流れになってきますと、今後は小規模なM&Aや、全く関わりのなかった個人が会社経営を行うといった場合が増えるのではないかと思われます。そのような場合を増やすために、企業と企業、企業と個人のマッチングを促進する需要がますます増加するのではないかと思われます。


次のようなご心配事がある場合は、名古屋総合リーガルグループがお役に立てますので、ぜひお電話ください。

  • 労務問題が心配なので、雇用契約書と就業規則について相談したい。
  • 従業員を解雇しなければならないが、どのようにしたらよいのか。
  • 従業員から残業代を請求されて困っている。
  • お客様・営業先からクレームを受けて困っている。
  • 契約書を作ったのでチェックしてほしい。
  • 取引先から契約書をもらったが、不利なものでないか不安だ。
  • ネット上で悪い評判を書かれて困っている。
  • 売掛金を回収したい。
  • 新しい事業を考えているが法的に気をつけるべき点を相談したい。

当事務所のご相談受付はこちらです。お気軽にお問合せ下さい。

 ⇒ ご相談のご予約 052-231-2601

 または、メールフォームからお願いいたします。


弁護士法人名古屋総合法律事務所および税理士法人名古屋総合パートナーズはともに経営革新等支援機関に認定されています。

名古屋総合リーガルグループでは、中小・中堅企業の実情も十分考慮した上で、企業が抱える労務問題、取引先や顧客からのクレーム・トラブル、著作権侵害などのリスクから会社を守る方法を提案しています。

残業代やセクハラ、解雇やうつ病などの労務問題に頭を抱えていらっしゃる経営者様も多いと思います。

多くの問題は、法律の知識をもって対策をしておくことで未然に予防することができます。

顧問契約等の制度を利用していただければ、わざわざ来所していただかなくても電話やメールで気軽に相談していただくことができます。

ぜひ下記からお気軽にご連絡下さい。

▼法人様向けホームページはこちら
http://www.nagoyasogo-kigyo.com/

▼私たちが企業法務で選ばれる理由
http://www.nagoyasogo-kigyo.com/reason/

▼顧問契約をお考えの方はこちら
http://www.nagoyasogo-kigyo.com/counsel/

編集後記

バレンタインが間近に迫ってきましたね。

私は、「自分へのご褒美」と称して、

毎年バレンタインフェアに行くのを楽しみにしています。

去年食べて美味しかったチョコレートを買ったり、新しくフェアに出店したお店を見に行ったりしますが、それだけではなくて、美味しいチョコレートを見つけたい!というお客のワクワクした気持ちも感じることができて、それがまた楽しいんです。

時には人が多すぎて、通りがぎゅうぎゅうで苦しくなったりしますが、それをかわしつつ美味しいチョコレートを見つけた時の嬉しさは、格別です。

今年は、どんなチョコレートが見つかるのでしょうか。
今から楽しみです。

浜島

メールマガジンバックナンバーへ戻る

ご相談予約はこちらまで/お電話でのお問い合わせはこちら/TEL.052-231-2601/相談時間/平日 9:00-18:00/土曜 9:30-17:00/夜間 火曜・水曜 17:30-21:00/ご相談の流れはこちら

ご相談の流れはこちら

業務案内

マチ工場のオンナ

名古屋総合法律事務所の理念

解決事例

企業法務ブログ

経営品質・人材育成ブログ