ホーム >  メールマガジンバックナンバー >  VOL.83 2019/03/06【「空き家特例」の要件緩和】

VOL.83 2019/03/06【「空き家特例」の要件緩和】


弁護士&社労士&税理士&司法書士が教える! 企業法務・労務・税務・登記に役立つ法律情報

弁護士法人 名古屋総合法律事務所


経営者、企業の法務担当者・人事労務担当者・管理部門担当者の皆さまがビジネスで必要な法律・労務・税務・登記知識を、無料のメールマガジンとして提供させていただきます。
法律のプロだからこそ話せる実際の事例や最新の法律にまつわる情報を「分かりやすさ」と「実践性」に主眼を置いて、月1回お届けします!

vol.83 本号の内容

2019年03月06日

  • 「空き家特例」の要件緩和
  • 編集後記

「空き家特例」の要件緩和

空き家の放置に伴う周辺環境への悪影響や治安の悪化を抑制すべく、3年前の税制改正においていわゆる「空き家特例」が制度化されました。

これは、相続により取得した不動産についても一定の要件を満たすことにより、いわゆるマイホーム特例と同様に、売却により生ずる譲渡所得から3,000万円を上限とする控除を認めるという制度です。
今月の譲渡所得の確定申告においてこの控除を適用された相続人の方も多くいらっしゃると思います。

この空き家特例制度は今年3月末までの時限措置でしたが、先週末に法案が衆議院を通過した平成31年度税制改正において4年間適用が延長され、2023年12月末までの家屋およびその敷地の譲渡に適用できることとなりました。
加えて、本改正において、適用要件の緩和措置が図られました。

本制度の対象となる家屋は「相続の開始の直前において被相続人の居住の用に供されていた家屋」に限定されています。

ただ、主に介護を目的として自宅を離れいわゆる老人ホームに入居するケースは多く、それに伴い老人ホームで亡くなる方が増えているという実状もあります。

これを鑑み、今回の改正では、老人ホームで亡くなった場合であっても、

  1. 介護保険法に基づく介護認定等を受けて入居していたこと、
  2. 相続開始の直前まで老人ホームに入所していたこと、

を条件に空き家特例の適用を認めることとされました。

また、空き家対策であるという趣旨に鑑み、被相続人が老人ホーム入所した後、当該家屋が、

  • 事業や貸付けの用に供されていないこと
  • 被相続人以外の者が居住していないこと
  • 被相続人による一定の使用がなされていること(私物の保管などを意味しているものと思われます。)

なども条件となっています。

本改正は平成31年4月1日以降に行われる家屋およびその敷地の譲渡より適用となります。この要件緩和により3,000万円控除の適用が可能となる方は、売却のタイミングにお気を付けください。


次のようなご心配事がある場合は、名古屋総合リーガルグループがお役に立てますので、ぜひお電話ください。

  • 労務問題が心配なので、雇用契約書と就業規則について相談したい。
  • 従業員を解雇しなければならないが、どのようにしたらよいのか。
  • 従業員から残業代を請求されて困っている。
  • お客様・営業先からクレームを受けて困っている。
  • 契約書を作ったのでチェックしてほしい。
  • 取引先から契約書をもらったが、不利なものでないか不安なので相談したい。
  • ネット上で悪い評判を書かれて困っている。
  • 売掛金を回収したい。
  • 新しい事業を考えているが法的に気をつけるべき点を相談したい。

当事務所のご相談受付はこちらです。お気軽にお問合せ下さい。

 ⇒ ご相談のご予約 052-231-2601

 または、メールフォームからお願いいたします。


弁護士法人名古屋総合法律事務所および税理士法人名古屋総合パートナーズはともに経営革新等支援機関に認定されています。

名古屋総合リーガルグループでは、中小・中堅企業の実情も十分考慮した上で、企業が抱える労務問題、取引先や顧客からのクレーム・トラブル、著作権侵害などのリスクから会社を守る方法を提案しています。

残業代やセクハラ、解雇やうつ病などの労務問題に頭を抱えていらっしゃる経営者様も多いと思います。

多くの問題は、法律の知識をもって対策をしておくことで未然に予防することができます。

顧問契約等の制度を利用していただければ、わざわざ来所していただかなくても電話やメールで気軽に相談していただくことができます。

ぜひ下記からお気軽にご連絡下さい。

▼法人様向けホームページはこちら
https://www.nagoyasogo-kigyo.com/

▼私たちが企業法務で選ばれる理由
https://www.nagoyasogo-kigyo.com/reason/

▼顧問契約をお考えの方はこちら
https://www.nagoyasogo-kigyo.com/general-counsel/

編集後記

みなさまこんにちは。
気温が上昇して、雨も多く降るようになってきましたね。
長い冬が終わりを迎えて、ほっとする気がいたします。
寒ければスーパーやジムへ行くのも面倒で、家にこもりがちでした。

冬の間、家にこもってはまっていたのは、海外ドラマです。
最近のアメリカでは、ネット配信のドラマの勢いが抜群で、テレビや映画の質を追い抜いています。

映画やテレビでは、スポンサーやターゲット層にうける内容にする必要があります。
しかしネット配信は、全世界の観たい人達が料金を払います。そのため、制作費も映画同様にかけられます。

「制約なく面白い作品を作りたい」と思っている才能あるクリエイターが、ネットドラマの会社に集まってきているのです。

映画俳優たちもネットドラマに出演するようになりました。ドラマというよりは、もはや一編の映画を観ているような感覚です。
映画館にも本当に行かなくなってしまいました。家でいつでも好きな時間に見ることができて、移動コストもなく快適です。

とはいえ、3月にもなり暖かくなってきて、なんだか体も軽くなったような、無性に出かけたい気分です。
外に出れば思いがけない出来事に繋がって、人生が転がっていくようにも思います。

皆様はどこかへ出かける予定はございますか?
春めいてきたかと思えば冴え返る日もございます。どうぞご自愛くださいませ。

メールマガジンバックナンバーへ戻る

ご相談予約はこちらまで/お電話でのお問い合わせはこちら/TEL.052-231-2601/相談時間/平日 9:00-18:00/土曜 9:30-17:00/夜間 火曜・水曜 17:30-21:00/ご相談の流れはこちら

ご相談の流れはこちら

業務案内

マチ工場のオンナ

名古屋総合法律事務所の理念

解決事例

企業法務ブログ

経営品質・人材育成ブログ