消費者保護法

⑴消費者保護法とは

現在の消費者保護法制は、消費者基本法、消費者契約法、特定商取引法、割賦販売法、利息制限法等があります。
このような、消費者の保護を目的とする法律について総称して消費者保護法といいます。

⑵事業者としての対応

現在は2009年に消費者庁が発足する等、行政・立法分野での消費者保護の傾向は明確です。消費者保護法は新たな消費者問題の発生に伴い、短い期間で繰り返し立法と改正がなされてきました。
事業者としては、消費者保護法の法規制を前提に事業運営が求められており、消費者保護法への対策の重要性は高まっています。

一度問題となれば事業へのダメージは大きくなりますから、実際に問題が発生する前に専門家のアドバイスを受けて対策を講ずることをお勧めします。

ご相談の流れはこちら