特定商取引法

特定商取引法は、

  1. 訪問販売に係る取引
  2. 通信販売に係る取引
  3. 電話勧誘販売に係る取引
  4. 連鎖販売取引
  5. 特定継続的役務提供に係る取引
  6. 業務提供誘引販売取引

の6類型の取引を公正にし、消費者が受ける損害の防止を図ることにより、その利益を保護することを目的としています。

特定商取引法は、取引類型に応じて、事業者に対し、氏名等の明示義務不当な勧誘の禁止広告規制書面交付義務といった様々な規制を掛けています。その規制に違反した事業者に対しては指示や業務停止命令といった行政処分がなされますし、場合によっては刑事罰が科せられることもあります。

ご相談の流れはこちら