ホーム >  メールマガジンバックナンバー >  VOL.8 2014/04/08 【担当者が変わってもスムーズに取引を続けられますか? ~契約書を作らずに取引するのは危険です!(4)~】

VOL.8 2014/04/08 【担当者が変わってもスムーズに取引を続けられますか? ~契約書を作らずに取引するのは危険です!(4)~】

本号の内容

  • メリット3 ~担当者が変わっても、取引を円滑に続けられる~
  • まとめ
  • 編集後記

メリット3 ~担当者が変わっても、取引を円滑に続けられる~

これまで3回にわたり、契約書を作成するメリットをお伝えしてまいりましたが、今回が最終回となります。


契約書作成の3つ目のメリットは、
【当事者(担当者)の変更における契約履行の円滑化】です。


企業が取引を行っている場合、当該取引の担当者はいつか変わります。
(例えば、担当者の異動や退職、死去等に伴う変更が考えられます。)

当該取引に関する契約書が存在していれば、次の担当者はその契約書を確認することによって、
取引の内容を速やかに把握し、引き続き円滑に取引を行うことが可能でしょう。


他方、契約書が存在しないとなると、
次の担当者は取引の事情が把握できず、非常に困ってしまいます。

意外と見落としがちな問題点ではありますが、
実はこのようなトラブルはとても多いです。

(私も、依頼者様から、
「契約書がないので、当時の事情が全然分からない。
当時の担当者とは連絡がつかないし、当時の事情を把握する術がない。
一体どうしたらよいのか。」との発言はよく耳にしてきました。)

また、コンプライアンスの観点から見ても、
「特定の人(担当者)しか取引の事情が分からない」
という状況は好ましくありません。


それでは、
「単に契約書を作成すればよいのか」というと・・・
そういうわけでもありません。

「取引の事情が分かるようにする」ためには、
その内容を明確化し、解釈の余地を少なくしておくための工夫が必要となります。
(これは、Vol.6「契約書のメリット1」で述べたことにも関係します。)

これらの対処をしておけば、取引の担当者の変更があっても、
何ら問題なく取引を継続させられるでしょう。


まとめ

これまで、本メールマガジンで4回にわたり
契約書作成のメリットをお伝えしてまいりました。


これらのメリットを受けるためにも、企業様にはぜひ契約書を作成してほしいと思います。

しかしながら、契約書の作成・チェックは、
その感覚と慣れがとても重要であり、弁護士であれば
誰でもできる業務というわけではありません。

たとえば、ゴルフでは、まずボールの芯に当たるようになるまで
時間がかかります。また、上手くあたるようになったからと言って、
コースに出て実践することはできません。コツが必要です。
契約書も同じ事です。

どの条項を見ればよいか、どの条項が欠けているのか、どの条項がどのような問題を引き起こすのか。

契約書を実際に目にしたとき、どこをどう直せばよいか、
難しく感じておられるでしょう。


名古屋総合法律事務所では、さまざまな企業様向けに、
ポイントを押さえた各種契約書のリーガルチェックや契約書作成を行っております。
ぜひお気軽にご相談ください。


編集後記

史上最多出場となる7度目の冬季オリンピックで葛西紀明選手(41歳)が、
個人初となる銀メダルを獲得し、感動された方も多いのではないでしょうか?

私も、つい夜更かしして深夜の団体戦を応援しました。

実力だけでなく、大きなガッツポーズやピースサインを出す
おちゃめな人柄も魅力的な方です。

先日、TVのバラエティ番組に出演されており、ジャンプは、
「ゴルフのドライバーと同じで、飛ばそうと思っても飛ばない」
とおっしゃっていたのが印象的でした。

あれだけのベテランの方がおっしゃると重みがあります。

どの業界・仕事にも共通する教訓な気がしました。
大事な契約がかかったプレゼンで、今日はいつもより効果的な
話し方ができたなんてことはありませんし、
契約を交わす時に、知識や経験をもたずに、契約書さえ
作れば後は問題なく取引ができる、なんてこともありません。

日々コツコツ努力しているからこそ、ここ一番で力を発揮できる
ということを、改めて認識させられた言葉でした。

ちなみに、葛西選手はゴルフも上手く、シングルさんだそうです。 (佐藤)

メールマガジンバックナンバーへ戻る

ご相談予約はこちらまで/お電話でのお問い合わせはこちら/TEL.052-231-2601/相談時間/平日 9:00-18:00/土曜 9:30-17:00/夜間 火曜・水曜 17:30-21:00/ご相談の流れはこちら

ご相談の流れはこちら

業務案内

名古屋総合法律事務所の理念

解決事例

企業法務ブログ

経営品質・人材育成ブログ