『マチ工場のオンナ』 第1話 大嫌いなお父さん

1 あらすじ

2004年、32才の専業主婦の有元光(内山理名)は自動車部品メーカーに勤める夫・大(永井大)と息子・航太の3人で名古屋郊外に暮らしていた。

ある日、光の父で町工場の社長の泰造(舘ひろし)が突然体調を崩し、入院。余命数日のガンだった。

ショックを受ける母・百合子(市毛良枝)や職人の勝俣(竹中直人)・純三(柳沢慎吾)たち。

光は会社存続のため重要書類や印鑑を探すが、光に社長を継がせる気がない泰造は、教えようとしない。

(マチ工場のオンナ|NHK ドラマ10 – NHKオンライン http://www.nhk.or.jp/nagoya/machikoba/story.htmlから引用)

2 男の子として、そして後継者として生きる。そして、遅れた時期の父への反抗

最初のシーンは、駅前広場で父に怒鳴られる中学生の光、『自分が間違ったことをしてないんならそれをちゃんと表現しろ』、人にものも言えないようなおとなしすぎる性格では2代目はできないと。

『大学は工学部しかいかせないからな』『他の学部なら金はださない、働け』

『アルバイト先決めてきてやったぞ』とガソリンスタンドで真っ黒になって働く光。

『(取引先が)秘書をほしいそうだ』と入社した自動車部品会社で、エンジニア採用の作業着姿の光。

ところが、遅れた時期での父への反抗か、入社した自動車部品会社を2年で結婚退職すると、そして、妊娠を告げる光。

そこに落胆に打ちひしがれる父の姿があったが、光『勝った……』と。

3 金庫のダイヤル錠の暗証番号は、セドリックのブリキのおもちゃの車体のナンバープレートだった。

光は医師から、父は余命3、4日と告げられる。

経理担当の打越が告げる。

『印鑑がなければ今月末の支払ができません。支払いが滞れば不渡りが出ます。不渡りが出れば、うちみたいな小さな会社は一発で倒産です。』

印鑑のありかを探す二人。権利書や手形、実印、銀行印、通帳……。

金庫を見つめる光と打越。

資金管理表・帳簿を見つめる光。

『……打越さん、父の会社、いつからうまくいかなくなったんですか』

金庫のダイヤル錠

病室で

泰造『……。何を聞きたい』

光『……。大事な印鑑のある場所。金庫の番号』

泰造『……』

光『……』

泰造『確かに、会社にとっちゃ大事なことだ』

光『そうでしょう、だからーーー』

泰造『お前には教えん』

光『……』

泰造『何でお前に教える?俺の会社だ。お前に何の関係がある?跡継ぎでもない奴に金庫の番号なんか教えられるか』

光『……』

光と泰造の迫真のやり取りが病室で続きます。

その夕方、会社社長室で家族の写真を見る。兄・和樹が写った写真、和樹はセドリックのミニカーを持っている。

和樹の遺影の前でセドリックのミニカーを握りしめて号泣する泰造。

そのミニカーはやがて光が持つようになっていた。

光は、ハッとして金庫に向かい、ある数字をダイヤルする。

金庫が開いた。中には、権利書や手形、実印、銀行印、通帳……。

その一番、奥にあったもの。

それは、セドリックのブリキのおもちゃ。

暗証番号は、その車体のナンバープレートの番号だった。

4 病室に駆け込む光。

モルヒネの投薬で意識が薄れていく泰造。

目があったその瞬間、泰造が最後の力で、鋭い眼差しで、光を見た、

光『会社は私がやるから!』

思わず叫ぶ光。

泰造『……』

泰造、安心したように息を引き取った。

5 内山理名さんの演技が光ります。

父泰造の娘の光への後継の期待がひしひしと伝わります。

そして、どんでん返しの結婚退職と妊娠を告げられます。

落胆に打ちひしがれる父泰造。遅れた時期の父への反抗だと思います。

期待に背中を押され続けた場合に、遅れた時期の反抗があることは、家族関係でよくあることですが……。

6 ドラマでは描かれていない現実のダイヤ精機株式会社~原作『町工場の娘』から

バブル期の負債があり過大債務を負い自転車操業の町工場。

当時のダイヤ精機株式会社は、3億円ほどの売上高に対して、27人という社員数はいかにも多すぎるのでした。

ダイヤ精機には営業、製造、設計の3部門がありましたが、各部門の収支と人数のバランスを考えると、不採算の設計部門の解散は不可避でした。

小さな町工場に社長秘書、運転手がいるのが無駄と感じ、設計部門の3人に秘書、運転手の2人を加えた5人はリストラすべきと考えた。

バブル期に膨らんだ会社の規模を一度縮小し、出費を減らす。そして、体力を回復したう上で、再び成長を目指す。

原作者の諏訪貴子氏は、父から、1998年、「ダイヤ精機の仕事を手伝ってほしい」と頼まれ、経営状況を改善する方策を探って、このような提案をしました。

2週間ほど経ち、リストラ対象者5人にそれを告げる日、朝社長室に呼ばれ、父から、「明日から、お前は会社に来なくていいから」と。

父は、リストラ対象の社員はそのまま在籍させ、リストラ提案した諏訪貴子氏だけを、リストラしたのです。

7 そして父と娘の別れと決断

病室

このような経過があり、2004年、

光が『会社は私がやるから!』と思わず叫び、泰造『……』安心したように息を引き取ったのです。

感動のシーンでした。